BLOGブログ
BLOG

【川崎の海鮮居酒屋】宜候でゆったりと

2018/07/12
焼酎2本

いや~参った。本日はめちゃくちゃ暇ですね。

世間は三連休前なのかな?こんな日もあると深夜&明日以降に期待ですね♪♪

写真は本日入荷した「明るい農村 熟成古酒」と隠し酒で置いていた「川越 朝堀り甘藷仕込み」です。以前も焼酎の紹介をさせて頂きましたが今回もなかなか良い焼酎ですよ。

一般的に芋焼酎は宮崎県の物と鹿児島県の物が多く、味はかなり濃厚で独特の香りのせいで好き嫌いが分かれるなんて言われてましたが、最近は臭みのもとになるヘタだったり傷んだ部分を切り落としてから焼酎にしてるので昔のような嫌な臭みは少なくなっているそうです。

恐ろしい企業努力ですね!杜氏さん、酒造場の方々のおかげでマイルドで華やかな美味しい芋焼酎が飲めるわけです!

手間をかけてせっかく美味しい芋焼酎を作ってくれたのに、値段のせいで皆様に味を知って頂けないのは店としても、僕個人としてもとても胸が痛いので、川越に関してはグラス600円で販売しております。

明るい農村の3年古酒も800円でかなり気軽に飲めると思いますよ!

皆さんは焼酎を飲むとき何をつまみにされますか?

2000年代初頭にあった焼酎ブームの影響でかなり一般的になったので揚げ物でも刺身でも煮物でも、なんなら乾き物でも飲めちゃうんじゃないですか?

僕なんかはつまみほぼいらないです笑

ただつまみを食べれる状況であれば、ロックで飲む場合は魚があれば魚をチョイスしがちですね。

同じ鹿児島、宮崎産とまではいきませんが同じ九州の長崎、熊本で捕れた魚をつまみに出来たらお口の中がプチ九州旅行ですよね!

あ、そういえば、ちょうどクエとノドグロが入荷してたなぁ。

今調理場でカマスの一夜干し作ってるなぁ。

石鯛の刺身美味しそうだったなぁ。

と白々しい宣伝はこれくらいで笑

是非こんな感じで北前鮮魚 宜候でお口の中を九州にしてみて下さい。

わさびの効いた白身魚の刺身を九州の甘めの醤油にかるくつけて、程よく氷の解けた芋焼酎を一飲み。

刺身で食べられる魚をあえてフライに、アツアツの魚のフライに岩塩を一つまみ、、、口の中の熱さと美味さを再び芋焼酎で流し込む。

腹も膨れてきたし、ここからはチビチビ、、

なんて打ってたらお腹空いてきた。。。

さぁ明日頑張れば世間は3連休ですかね?

是非ご来店お待ちしてます!!

店長ゆうき

住所:神奈川県川崎市川崎区東田町7-3 2F

電話:044-233-8881

Instagram:youki0414